カエルと空カエルと空

Knativeソースコードリーディング入門 Knativeで学ぶKubernetesのカスタムリソースとカスタムコントローラー #技術書典

Physical (worldwide shipping)

BuyeePurchase via Buyee
Buyee is a third party service for shipping your items globally. Read More
  • Physical (direct)
    紙本、PDF、ePubセット版
    Ships within 7 days
    1,000 JPY

Physical (ship to Japan)/ Digital Download

  • Digital
    PDF、ePubセット版
    1,000 JPY
  • Physical (direct)
    紙本、PDF、ePubセット版
    Ships within 7 days
    1,000 JPY

著者はKubernetes上でもサーバーレスアーキテクチャなどアプリケーション開発をより効率的に行う方法を模索しており、前回『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて』をお届けました。Knativeは日々進化を遂げており、Google Cloud RunというKnativeベースのマネージドサービスが出るなど盛り上がっています。しかもKnative自体はGitHubでホストされるOSSであるためその実装を自分たちで確かめ、Issueを立てたりPull Requestを送ることでコントリビューションできます。 一方で、Knativeが採用しているKubernetesを拡張する仕組みであるカスタムリソースやカスタムコントローラーによる実装はビジネスロジック以外も多く、Kubernetesのアーキテクチャへの理解も必要なためキャッチアップすることが盛りだくさんです。本書ではKnativeの実装に主軸を置きながら、理解に必要なKubernetesのアーキテクチャやライブラリを紹介します。 本書がKnativeやKuernetesの実装理解やコントリビューションの一助になれば幸いです。 MOBI(Kindleで読みやすいフォーマット)はショップの仕様上添付できなかったので、注文番号を教えていただければ送付します。Twitter @toshi0607までご連絡ください。 感想や疑問点はTwitterでハッシュタグ #解剖Knative をつけてつぶやいていただけたら拾います! Knative自体の概要やユースケースを学びたい方はこちらもご参照ください! ・『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて 第2版』 https://booth.pm/ja/items/1309468 ・「Knativeで実現するKubernetes上のサーバーレスアーキテクチャ」の文字起こし #CNTD2019 https://qiita.com/toshi0607/items/6dbdff717e1ba0aba4f6 正誤表・増補改訂情報はこちらのページで公開しています。 https://toshi0607.com/event/knative-reading-update/

著者はKubernetes上でもサーバーレスアーキテクチャなどアプリケーション開発をより効率的に行う方法を模索しており、前回『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて』をお届けました。Knativeは日々進化を遂げており、Google Cloud RunというKnativeベースのマネージドサービスが出るなど盛り上がっています。しかもKnative自体はGitHubでホストされるOSSであるためその実装を自分たちで確かめ、Issueを立てたりPull Requestを送ることでコントリビューションできます。 一方で、Knativeが採用しているKubernetesを拡張する仕組みであるカスタムリソースやカスタムコントローラーによる実装はビジネスロジック以外も多く、Kubernetesのアーキテクチャへの理解も必要なためキャッチアップすることが盛りだくさんです。本書ではKnativeの実装に主軸を置きながら、理解に必要なKubernetesのアーキテクチャやライブラリを紹介します。 本書がKnativeやKuernetesの実装理解やコントリビューションの一助になれば幸いです。 MOBI(Kindleで読みやすいフォーマット)はショップの仕様上添付できなかったので、注文番号を教えていただければ送付します。Twitter @toshi0607までご連絡ください。 感想や疑問点はTwitterでハッシュタグ #解剖Knative をつけてつぶやいていただけたら拾います! Knative自体の概要やユースケースを学びたい方はこちらもご参照ください! ・『Knativeの歩き方 KubernetesからServerlessを訪ねて 第2版』 https://booth.pm/ja/items/1309468 ・「Knativeで実現するKubernetes上のサーバーレスアーキテクチャ」の文字起こし #CNTD2019 https://qiita.com/toshi0607/items/6dbdff717e1ba0aba4f6 正誤表・増補改訂情報はこちらのページで公開しています。 https://toshi0607.com/event/knative-reading-update/